「ほっ」と。キャンペーン

奇しくも・・・

f0039380_17195618.jpg

2、3日前から、家の松の木にキジバトのつがいが来ていた。
せっせと枝を運んで、どうやら巣作りをしているようだった。
叶うのなら無事に雛が巣立っていくのを見てみたいな、そんな淡い期待をしていた。

そして今日、ベランダから卵が産まれているのを確認!
慌ててカメラを持ち出してパシャリ。










f0039380_17261777.jpg

手前にひとつ、奥の白い影もそうだろうか?
角度的にしっかり確認出来なかった。










f0039380_17323637.jpg

数分後、親鳥が帰ってきたので撮影終了。










今日は姫の誕生日。生きていれば12才になっていた。
そんな日に、家の敷地内で新しい命を見つけることが出来て何だか嬉しい。
無事に卵が孵ってくれるのを祈るばかりだ。
[PR]
# by camepapa | 2014-10-27 17:49 | 徒然・・・

募る・・・

今日で半年経つ。

悲しみは1ミリも減らない。



愛おしさも、1ミリも減らない。

毎日毎日、愛おしくて堪らない。
[PR]
# by camepapa | 2014-08-09 18:48 | ドッグ・ライフ

約束したもんね・・・

f0039380_19131647.jpg

「3月になったら、また伊豆へ遊びに行こうね」

キャメロンと約束していた事のひとつ。

正直、まだそんな心の余裕は無い。
でも約束は絶対に守りたい。
だから、行ってきた。

同じ宿、同じ部屋、
ベランダから見える美しい景色、全て同じだ。

キャメがいない、その事を除けば。



宿に着く前に、不思議な体験をした。

少し早目に伊豆に到着し、あてもなく運転していると、ふと「城ヶ崎海岸」の看板が目に入った。
チェックインまで時間もあるし、特に予定も無かったので行ってみることにした。
アップダウンの激しい階段が続き、来てしまった事をほんの少し後悔した頃、
卒業旅行か何かだろうか、若者のグループがはしゃぎながら海をバックに写真を撮っていた。
吊橋や灯台はまだ先だけど、絶景ポイントなのだろうか?
彼らが見ている海の方に視線をやると、そこには・・・










f0039380_19281946.jpg

海上から伸びる虹、虹の始まり、初めて観た。










f0039380_19302619.jpg











f0039380_19303930.jpg











ふいにカミさんが、「本物の 「虹の橋」 だね」と呟いた。

涙が溢れた。

あの時看板が目に入らなければ、
そしてこの日、この時、この場所に来なければ観ることが出来なかった光景だ。
なんという偶然だろう。
いや、偶然と片付けるには何だか勿体無い気がした。





キャメロン、ちゃんと約束を果たしたからね。

あともうひとつの約束、いつになるかは分らないけど必ず守るからね。

「虹の橋」の詩を紹介します・・・
[PR]
# by camepapa | 2014-03-23 19:49 | ドッグ・ライフ