行きつけの練習場にて・・・

昨日の感じを忘れたくなくて、朝も早よから行きつけのウチッパへ。

大丈夫。
とりあえず何となくは憶えてはいるみたい(爆



200ほど弾いた頃だっただろうか。

若い夫婦とそのお子さんがオイラの打席の前にやって来た。
小さい男の子。年少さんぐらいかな?
Tour Sta○eのジュニア用セットのバッグを担いで、帽子も被ってなかなかキマッてる!
父親と準備体操なんかしちゃって、思わず応援したくなるような光景でした^^
その時まではね・・・。

練習開始。
母親が打席後ろの椅子に座って声を掛ける。
「ナイスショット!上手だねぇ~!」
そんなに大きな声ではなかったけど、ちと耳に障る。
父親はその前の打席でギョクを相手に悪戦苦闘。
ま、雑音を克服する練習と思ってオイラも練習を再開。

ところが・・・、
この母親、子供のアドレス時の足の位置がどうにも気に入らないらしい。
結構な力で無理矢理「こうでしょ!○○くんはスグにクローズに構えるんだから!」と矯正。
この母親、多分知っている限りの用語で子供に注文し始めた。
「テークバックはもっとゆっくりでしょ?」
「トップの位置はもう少し腰がドウノコウノ・・・」

この母親、余程の経歴の持ち主かと思いきや、手本を見せてもまるで(以下自粛
それにあんなに小さい子供にそんな事注文する方が無理ってモンでしょ?
「○○くんの好きに練習すればいいからね♪」って最初に言ってたじゃん^^;

しばらくして、その子がSWを持ち出してギョクを弾きだした。
フルショットの飛距離にして10~15Y。これがなかなか見事なモンだったんです^^
良いタイミングで弾かれたギョクはある程度一定の場所に集まっている。
「お主、なかなかやるな?」とオイラが思ったその時、

「上手だねぇ。でももうSWはいいから7Iを練習しなさい?」

その子は止めない。

「もうソレはいいから7Iを打ちなさい!」

グズッて何やらゴニョゴニョと言い訳をするその子。

「はぁ?何言ってるか聞こえないよ!?」

少しだけ母親に近寄るその子。

その瞬間・・・、
母親はその子の胸グラをクイッと掴んで自分に引き寄せ、無表情でこう言いました。

「1球10円もするんだよ?勿体無いでしょ?
ウチはそんなにお金持ちじゃないんだからね?」



・・・ハァ!?

その子がふざけてボールで遊んだり、危ない事でもしていたのなら話は分かる。
でも、すっごくイイ感じでSW練習していたのよ?
それってメチャクチャ褒める場面じゃないの?
どこら辺に叱る要素があるってーの?
あなた方の家庭の事情は勿論知りません。赤の他人ですから。
でも、もっと安い練習場なんて近くに幾らでもあるでしょ?
ってか、何の為に子供にゴルフをやらせようとしてんの!?
意味不明。理解不能。

父親は子供の練習には完全ノータッチ。
子供が叱られてグズッていても見て見ぬ振り。
ああ、完全にシリに(以下自粛パート2

・・・可哀想で見てられなかったなぁ。
もしかしたら、小技で世界を制する可能性があるかもしれないのにね(言い過ぎ?

何だか虚しい気分でオイラは家に帰っていきました。チャンチャン。
[PR]
by camepapa | 2006-09-17 00:34 | 徒然・・・
<< 熱い気持ちが蘇る・・・! たまたま?○ギョクなだけに・・・ >>