這いつくばると動けなくなります。ご注意を・・・

f0039380_1717357.jpg

「這いつくばってでも予選通過を・・・」
なんてカッコつけて師匠の所で宣言したにも関わらず・・・

地面に倒れてそのまま動けなくなりました(´・ω・`)






某大会・地区決勝
三好CC・OUTスタート

△△△+3△ー△□ー □△ーーー△ーー△ 87点

Stats

Fw keep 4/14 29% 
GIR 5/18 28%
Putts 31
Putts ave 2、2
Per save 3/13 23%
Sand save 0/3 0%
Bounceback 0



出だしでつまらないアプローチミスでつまづく。
2番ロングでOB1発。なんとかOBバーディーのボギーで凌ぐ。
3番はガードバンカーで砂遊び。6mを入れてボギー。
そして4番ミドル・・・一体何が起こったのか思い出せない。OBは打ってない。
そうだ、ここでも砂遊びし過ぎたんだった。
まだ全然切れる必要はないのに・・・ブチ切れました。ごめんなさい。
後はもうどっちを向いているのか判らない状態に。

カットラインを85点の+13と読み、なんとか気持ちを切り替えてINへ。

が、いきなりダボ。またしてもお砂場だ!
それでもチョイ切れくらいで抑えて残りホールに臨んだ。
17番、右のラフへ打ち込む。つま先上がり&林が邪魔で横へ出すだけ。
残り90Yをピン手前5m。スライスラインをネジ込んでパー。
最終18番ミドル。コスリ球で右ラフ。
残り190Y、ピンはセンター奥、池越えのセカンドショット。
池は論外。グリーン手前も打ち上げのややこしいアプローチが残るし花道も狭い。
グリーンオーバーしてもいいからとにかく上の段へ運びたい。
5Iを満振り。ピンの真横にキャリーしてグリーン奥の逆目のラフ。
下りのピンまで7~8Yのアプローチ。4mオーバー。
上り、ギョク1個のスライスライン。ラインは完全に読み切った。
20cmショート・・・。はい、終了。

前半で既にやっちまっていたので仕方がないのだが・・・
最後のパーパットをショートしたのが許せない。
大したチキン野郎だ・・・。1mくらいオーバーさせろよ!馬鹿野郎!!

結局カットラインは86点、+14のカウントバック。
ね?最後のパーパットがどれだけ重要だったか解りますよね?



最大の敗因は・・・寝不足とバンカーが下手過ぎる事。
練ランでラフが深い事以外はなんとかなるだろう、と思っていた。
釧路のラフに比べればスパッと抜けるし、バンカーも打ち易い砂だ。

プレッシャーなんて感じていなかった・・・筈だった。
なのに今朝早く目が覚めて、最初の2~3ホールは身体がフワフワしてた。
これが「プレッシャー」というモノなのね・・・。
自分で自分に過度な期待をし過ぎていたのかもしれない。
通過するだけなら何も70台なんて必要無かったのに。

またしても1打で泣いた経験が増えました。
でも正直今はなんだか祭の後・・・っていう気持ちです。

今週末にはホームで4大競技のひとつがある。
それに向けて進むしかないね・・・。

バンカーの特訓だぁ!( ゚Д゚)ゴルァ!!
[PR]
by camepapa | 2006-08-01 18:16 | ゴルフ
<< ハーディング・ポーズ・・・ 何を今更・・・ >>