小さな天使・・・

f0039380_150350.jpg

姫の仔です。

・・・ウソです(笑



今日の午前10時頃・・・
母猫がくわえてウチの工場の屋根裏へ運んで行くのを発見。

ウチの近所、野良猫が沢山棲んでいる。
毎年、ウチの工場内・敷地内でご出産される(笑
敷地内で生んで育てる分には何の問題も・・・無い事は無いけど、気にしない。

ただ、工場内ではちと困る。
夜になるとシャッター閉め切っちゃうから身動きできなくなっちゃうでしょ?

それと・・・蚤。

以前、まぁいいか、と夜母猫が出入りできるくらいシャッターを開けて放っといた。
すくすくと育つ子供達。
時々兄弟でじゃれ合っている姿もチラホラ。可愛かったなぁ。

・・・ところがしばらくすると・・・蚤が大発生。もうハンパじゃない。
もう姫もウチに居たし、蚤だけはご勘弁。でもこのままじゃ殺虫剤も撒けない。
という訳で、悪いけど工場からはお引越し願った・・・。

で、今回も母猫に連れて行ってもらう事にした。



f0039380_15183836.jpg

可愛いでしょ?うん。本当に可愛い。
目は開いているけど、まだ見えてなさそう。

工場の出入り口付近、柔らかい布の上に静かに寝かせておいた。
早く迎えに来いよ・・・。



・・・午前11時。来ない。

・・・午後12時。まだ来ない。

・・・同1時。どうしちゃったの!?もう気が気じゃない・・・。



その間、色んな事を考えた。仕事が全く手につかない。

このままじゃあ衰弱しちゃう。まだ全然大丈夫そうだけど・・・。
ミルク買って来て飲ませようか?
でもあんまり人間の匂いはつけない方がいいだろうし・・・。
第一あんまり近くに居たら母猫が来たくても来れないし。
夕方まで待つか?それまでもつのか?
もし夕方になっても来なかったらどうしよう?
・・・仕方ない。
その時は姫の掛かりつけ病院へ連れて行って診てもらって・・・ウチで飼おう!
姫と上手くやっていけるかなぁ?
猫飼った事ないから何を買い揃えればいいんだ?
忘れないように病院で聞かなきゃ。
名前は何にしよう?
ってかこの仔オス?メス?




午後2時半頃、そんな考えはただの取り越し苦労となった。
やっと母猫が現れて連れて行った・・・。

ったく、心配させやがって。
全然仕事になんなかったじゃねーかよぉ・・・。



もし、1度何かしらの手助け、例えばエサをやったりとかしたとする。
その時はそれでいいかもしれないけど、その後は?
1度だけ何かしてあげても助けた事にはならないと思う。

結局、1度助けるのなら最後まで責任を取らなければいけない。
つまりウチで飼う事になる。
現実問題、それはちょっと厳しい。

今日みたいな状況で母猫にもしもの事があったり・・・
育児放棄をしたというのなら話は別だけど。
実際母猫が来る前、本気でウチで飼おうとカミさんと相談までしたし。

だからオイラはあえて一切手助けをしないようにしている。
冷たいようだけど、それがオイラが勝手に決めたオイラと野良猫達とのルール。

お互い干渉しない。

別に追い払ったりもしない。彼らもコチラを無視。それでいい。
姫は・・・見つけると吠えてウルサイけどね(笑



おチビさん、逞しく生きていってくれよ。

たまには顔見せろよ・・・。
[PR]
by camepapa | 2006-06-06 16:17 | 徒然・・・
<< 謎の箱・・・ 疲労困憊・・・ >>