魚偏に花

と書いて何と読むのでしょう?





答えは「ほっけ」です。

・・・知ってるって?オイラは知らなかったの!

ほっけ、特に「しまほっけ」が大好物。
f0039380_16214826.jpg

じゃ~ん。体長約35センチ!ウチのコンロだとギリギリ^^;
身の厚みもすごい。かといって決して大味じゃないんです。



f0039380_16224991.jpg

見て下さい、この脂♪

ほっけに対する認識が変わったのは一昨年から。
友人宅へ夕食のご招待を受け伺った時のこと。

コチラのダンナさん、北海道出身の方。旨い海産物をよ~く知ってらっしゃる。
いや~たいした、たまげた。
今まで喰ってたほっけは何だったんだ?大きさ、脂のノリが全く別物。

気になったんでちょっと調べてみた。

ほっけは大きく分けて「真ほっけ」と「しまほっけ」の2種類。
真ほっけは身が良く締まっていて適度な脂のり。北海道ではこっちが人気らしい。
しまほっけはウロコに縞模様、身の締まりはあまりないが脂っこいのが好きな人向け。

よくスーパーなどで2枚○○○円って売ってる小さくてペラペラのやつは業界用語(?)で
「ローソクほっけ」と言うらしい。かまぼこの材料やつみれにする事も。
今までコレしか知らなかったのかもしれない。

他にも「根ほっけ」とかいう高級なほっけもあるみたい。函館辺り?
鮮度が良いと刺身や握りでもイケるんだそうな。う~ん、喰ってみたい。





で、旨い魚には旨い日本酒。これ王道。

ところが夕べは紙パックの酒しか在庫が無かった・・・。無念。
仕方がないので小技を使ったりして。

f0039380_16472557.jpg

分かり難いですね。ごめんなさい。
ほっけを乗せた器の柄の桜に合わせたつもりなんだけど、酒の温度がヌルかった。





タネ明かし。
f0039380_16521584.jpg

酒専用って訳じゃなく、お湯なんかでもOK。
ホントはパッケージの写真みたいに綺麗な桜色になります。
後で撮り直そうと思ったんだけど、気が付いた頃には酔っ払ってて(爆
こんなに上手くグラスの中で立たないけど。
味と香りは・・・う~ん、桜餅?(笑



散り行く桜を名残惜しむ気持ちと
これからパブ選に挑む武組の皆さんに桜が咲く事をお祈りして。

オイラは既に葉桜ですので(爆
[PR]
by camepapa | 2006-04-21 17:06 | 酒・肴
<< 楽しい時間 頑張りましたが・・・ごめんなさい。 >>