握手・・・

f0039380_22171799.jpg







八王子の兄貴に逢いに行ってきた。

八王子の兄貴といえば・・・、豪快、だけど繊細な一面を持った人。
オイラみたいないい年コイたガキンチョにも、でっけぇ心で接してくれた。



オイラの印象としては、兄貴といえば一番心に残っているのは、やっぱ「握手」かな。

初めて兄貴と一緒にラウンドして最終ホールを全員ホールアウトした時、
あのでっけぇ手と握手した。オイラと同じ25cmのグローブサイズ。

オイラ、プライベートでも競技でも、ホールアウトしたら誰よりも先に
「ありがとうございました!」って声を掛けるよう心掛けている。
プロの競技ではよく見る光景だけど、実際握手して終わることなんてそれまで無かった。
だから最初は何だか照れくさかった。

それがいつしか・・・、オイラが勝手に思うだけかもしんないけど、
タケ組内での握手って、当たり前になったような気がする。



最後の最後までお見送りする事が出来て本当に良かった。
正直、まだ何となくしか実感出来ていない。何となく、しか。ね。
つーか重かったよ、兄貴。



今日も練習に行ってきた。
オフシーズン恒例のジム通いも今日からスタートした。
・・・でも酒飲んじゃってるけど(爆

時間が全て解決してくれる、それを信じて前に進むしかない。





Mr.Children / 花の匂い

届けたい 届けたい
届くはずのない声だとしても
あなたに届けたい
「ありがとう」 「さよなら」
言葉では言い尽くせないけど
この胸に溢れてる

花の匂いに導かれて
淡い木漏れ日に手を伸ばしたら
その温もりに
あなたが手を繋いでいてくれているような気がした

信じたい 信じたい
人の心にあるあたたかな奇跡を信じたい
信じたい 信じたい
誰の命もまた誰かを輝かす為の光

”永遠のさよなら”をしても
あなたの呼吸が私には聞こえてる
別の姿で 同じ微笑で
あなたはきっとまた会いに来てくれる

どんな悲劇に埋もれた場所にでも
幸せの種は必ず植わってる
こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら
その種に水を撒こう

人恋しさをメロディーにした口笛を風が運んでいったら
遠いどこかで
あなたがその目を細めて聞いている

”本当のさよなら”をしても
温かい呼吸が私には聞こえてる
別の姿で 同じ愛眼差しで
あなたはきっとまた会いに来てくれる





この歌を涙無しで聴くことが出来た時、
本当にこの事実を乗り越えられた時なんだろうな、そう思う。

またいつか、ワインを飲み、馬鹿話に華を咲かせ、
あのでっけぇ手と握手がしたい。

また八王子に行きますからね。

ねっ、兄貴。
[PR]
by camepapa | 2010-01-12 23:10 | 徒然・・・
<< Down・・・ 始動@2010・・・ >>